えっ!今の季節が新しいマイホを見つけるチャンスなの?

2019年4月7日

どもども、ぶうすけです。
関東地方では桜の花と菜の花のコントラストがきれいな時期になってきましたね。
幸手の権現堂なんて平日に高速道路まで渋滞させるコミコミぶりです。

渋滞にはまってる最中に思い出しました。
ええ、そうです。
ぶうログの更新が 2019 年の 3 月にまたしても 0 でした。
今度は本業が忙しくてって…。
言い訳ばかりですいません。
本記事は新年度を迎えるこの春にあなたにとって最適のホールを探す方法をお伝えする記事となります。

なぜ新年度の時期がチャンスなのか?

ここがまず最初に意識しなくてはならないところです。
日本においてあなたが住所を変更する可能性が高い時期とはつまり新年度を迎える春の時期となります。
あなたが学生であれば大学や専門学校の入学に伴う引っ越しがあります。
あなたが社会人であれば部署や会社間での移動に伴う引っ越しがあります。
そうです、引っ越しというあなたが住所を変える行為をパチンコホールは新しい年度に新しいお客様を迎えるチャンスと考えているのです。
つまりパチンコホールは引っ越してきた新しいお客様にこれからずっと来続けていただきたいと考えているわけです。

そのお店はきちんとお客様を勝たせようとしているか

初めて訪れたホールであなたが見るべきポイントは 2 つです。
1 つ目はお客様が大勢来ているか?
2 つ目は台が最大限に稼働しているか?
この 2 つで大体わかります。
順番に見ていきましょう。

平日の日中に 3 割、平日の夜間に 6 割、休日に 8 割

上記の数字以上の着席率があれば勝負することができるお店ではないでしょうか?
お店を営業していくということは集客したお客様が落としてくれたお金から全ての営業経費と出玉の還元分を捻出しなければなりません。
来てくれたお客様の人数が多い方が、還元分の捻出に出会える可能性が高くなります。
つまりお客様の数が多ければ、勝ちやすいお店の可能性が up するはずです。

1 時間で 800 回転弱として 10 時間で 8000 回転弱

スロットを打つあなたなら上記の目安は体感として知っているはずです。
上記の数字になるべく近い回転数の台を閉店時間の頃に何台も見つけられれば安心です。
つまりそれだけ追いかける要素がある台だった可能性が高いです。
そこまで追いかけたお客様がいたということはそれだけ出玉が出る可能性が高いと判断された台だったということです。
つまり勝てる可能性が高くなります。

大事なのは自分が勝つことよりも勝つチャンスが他店と比べて多いか

一番大事なポイントです。
ぱちんことスロットは毎回勝てるものではありません。
基本的に勝つ回数の方が負ける回数よりも少ないでしょう。
ですが、勝つことができる可能性が高いお店を見つけることができれば後は台選びのみです。
台選びで一番大事なのは勝つ可能性ができるだけ高いお店で台を選ぶということです。

地域全体から眺めてみましょう

ライバル店の動きを独自に調査してみましょう。
同じ近隣エリアでお互いに意識しているお店同士があるのかを調べることは重要です。
特に新規出店があった場合にはお客様の奪い合いとなりますので注意が必要です。
ハナハナやジャグラーはお店の基本的な部分となる重要主力機種ですので、イベントや人が集まる日を独自調査してみましょう。
それだけでもあなたが勝つ可能性がどんどん高くなりますよ。

以上が、新しい地域であなたが勝てる可能性を高めるマイホールを見つける記事となります。
少しでもあなたが勝てる可能性が up できたらいいなと思って書きました。

2019 年は本当に桜が長く見られて幸せな年ですね。
ではでは。