国 1 の夜とシビック EF 9

2018年6月25日

大曲(おおまがり)コーナーの先が楽しい

どもども、ぶうすけです。

寒さが厳しくなってきましたね。そんな寒い日の夜に外を歩いていると妙に思い出すんですよね。

僕は昔、20 代前半の頃に静岡県の三島市に住んでいました。お国柄というか、峠道が多いせいか、自動車が好きな方が非常に多くいらっしゃる地域でした。

「エンスー」という言葉を知ったのもこの頃に友人から借りた、西風さんの漫画「GT roman」でした。

確か大学 2 年生から 3 年生になる時に取得単位不足とかで 2 年生をもう 1 回やらされてた頃でした。そんなやるせない気持ちでいた時のことは「20 代で調子に乗って転職したら、転々となった話 ①」にも書いてあります。

僕は市内のガソリンスタンドでバイトしてたんですよね。とても優しい店長でサーキットを市販改造車でレースする人でした。「 FR〇〇  ZONE 」というチームの名前でしたね、確か。ステッカーをもらったことが嬉しかったのを覚えています。

僕は当時初めて 30 万円位のローンで買った non – VTEC の「インテグラ ZXi ( INTEGRA  NOTTEGRA HONDA!)」をいたずらされて全身 10 円パンチの悲惨な姿にしょげていたんです。そしたら店長が仲介してくれて、もう走るのを辞めるからと言って店長の友達が乗っていた VTEC コントローラー付きの「シビック EF 9」を、破格で譲っていただきました。(車高調やロールバー付きでした)

もう嬉しかったですね。VTEC って NA エンジンの中では憧れでしたから。(マツダロータリーの速さは別格ですけど)しかもサーキットで何回か走った S タイヤも安く譲ってもらえました。LSD を取り付けたのもこの車が最初で多分最後ですね。

マフラーは中途半端な音が嫌いだったので細い鉄菅の直管マフラーにしてもらいました。店長のこれまた友人のお店で溶接してもらいました。そのマフラーが VTEC に切り替わった時には「クゥイーン」というなんとも言えない飛行機のような甲高い音がしていました。

そんな、学生時代に何人かの車好きな友達と夜な夜な峠道に走りに行ったのを今でも寒い夜に思い出したりします。

僕はお尻が流れたら何の操作もできないので、グリップ派というやつでしたけど、別の峠道にドリフトを見に行ったりもしました。学生なのにバイトばかりして 13 シルビアに惚れ込んでいた友達の一人は「隊長」とあだ名がつきました。隊長は今でも年に数回お酒を誘ってくれますね。

スタンドによく集まっていた店長の友人や後輩の方々は今では疎遠になりましたが、僕が奥さんと結婚する時には皆さんで祝ってもいただきました。本当にいい思い出です。

みんなで走ったり西〇レーシングの見学をしに行ったりもしました。ただそこに集まって夜の間中ずっと喋っているだけで幸せだったという不思議な時間でしたね。
特に寒い季節。車は寒い時期の方が調子いいって店長も言ってました。

息が白くなりながら、あったかいコーヒーとタバコが美味しかったですね。

今では、その当時に近隣地域に住まわれていた住民の方たちへの反省もありますが。
大きな音を立てて不快な気持ちにさせる行為でもあったことを反省しつつ…

鋸山山頂

やっぱり、良き思い出です。

ではでは。